MENU

パナソニックコーヒーメーカーNC-A57の口コミとお得な購入方法

パナソニック コーヒーメーカー

この記事はアフィリエイトを利用しています。

待ちに待ったボーナス支給もあり、新しい家電の購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。

新しい家電を買うときに少しでもお得な買い方はないか調べたりしませんか?

こんな方に読まれています
  • パナソニックのコーヒーメーカーが気になる
  • 自宅でおいしいコーヒーを楽しみたい
  • 高価な買い物だから納得して買いたい
  • お得な購入方法を知りたい
目次

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)の口コミ

フィルターを付けて、水をセット、豆を投入してボタンを押して待つだけ。美味しいコーヒーが手軽に出来るのが良い。

パーツが洗いやすくお手入れが簡単で後片付けも楽ちんです。

この珈琲メーカーを買ってから毎日美味しい珈琲を手軽に飲んでます。操作も簡単でいろいろな珈琲豆を買うのが楽しみです

1つ前の型からの買い替えですが、音も静か!美味しい!進歩していました。

水を入れるタンクは外側にメモリがあれば尚よかった。

豆を挽く音が大きくて気になった。

豆の量にもよりますが、30秒ほどのようです。

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)とは

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)
https://www.eatpick.com/

パナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57は、豆を挽くところから抽出まで全自動で、こだわりのドリップコーヒーを手軽に楽しめる製品。

デカフェ機能を搭載でカフェインを控えたい方にもおすすめです!

テストするモノ批評誌「MONOQLO」で、「MONOQLO ベストバイ of the year 2019」コーヒーメーカーランキングで1位に選ばれました!

消費電力800W
寸法(幅×奥行×高さ)22.0cm×24.5cm×34.5cm
質  量3.0kg
カップ数(容量)5カップ(670ml)
ミル搭載
マイコン搭載
おいしさ沸騰浄水
活性炭フィルター
コース選択
デカフェ豆コース
自動ドリップ
淹れ分け
豆の挽き分け
保  温マイコン保温
煮詰まり軽減保温
ミネラルフィルター
使いやすさ沸騰浄水
保温自動OFF
着脱式水容器
ミル部シャワーオート
クリーニング
スウィング式バスケット
https://www.eatpick.com/

付属品

  • 計量スプーン
  • ペーパーフィルター

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)の特徴

全自動でお手入れラクラク

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)
https://www.eatpick.com/

「全自動こだわりドリップ」は、挽きたての豆から抽出します。豆を挽くこと、沸騰浄水、蒸らし、抽出、保温といった一連のプロセスが全自動で行われ、ミルの自動洗浄機能も付いており、お手入れが簡単です。

※コーヒー粉からもドリップ抽出できます。

ミルの自動洗浄はお手入れがかなり楽になりますね!

1種類の豆から4通りの味をたのしめる

2種類のフィルターを使用して豆を挽き分け、リッチマイルドのコースで淹れ分けることができます。

お好みに合わせた4種類のコーヒーを楽しむことが可能。人気のスペシャリティコーヒーも渋みを抑えつつ、豊かな風味でお楽しみいただけます。

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57) 豆の挽分け
https://www.eatpick.com/

※ デカフェ豆コースは中細挽きフィルターを推奨。淹れ分けの選択は無し

「デカフェ豆」コース搭載

デカフェ豆専用の「蒸らし」と「抽出」で、通常は物足りないと感じるデカフェ豆からもしっかりとした「コク」を持つコーヒーを抽出できます。

カフェインを抑えつつ、コーヒーを楽しめますね!

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)のお得な購入方法

パナソニックの家電の一部は「指定価格制度」といい、メーカーが指定した価格で販売しなければなりません。つまり家電量販店主導での値引きができない仕組みになっています。

それぞれの店舗ごとの特典(ポイントやアフターサービスなど)で比較して検討しましょう。

パナソニックの欲しい家電がありましたが、型落ち後もなかなか値下げされず、購入を諦めたことがあります。

ネット通販で購入

ポイントが使用できたり、貯めることができるので、ネット通販も一つの選択肢です。

サブスクの利用

フーダブル コーヒーメーカー

こんな高性能なコーヒーメーカー使ってみたい!でも高い買い物だから失敗したくない!

そんな方に朗報!

パナソニックの家電と食材のサブスクリプション「foodable」のご紹介です☆

≫【foodable(フーダブル)】を見てみる

パナソニックのフーダブルとは

foodable(フーダブル)とはパナソニック株式会社が2021年6月から開始した、新品のキッチン家電と毎月選べるこだわり食材のサブスクリプションサービス。 家電とフードの「ダブル」な組み合わせで、新しい食体験を「可能(able)」にしたいという思いを込めています。

https://prtimes.jp/

対応エリアは日本全国です!画期的なサービスですね!

≫【foodable(フーダブル)】を見てみる

フーダブルのサービス内容

パナソニック沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)
https://www.eatpick.com/

沸騰浄水コーヒーメーカーの新品レンタルコーヒー豆(2,000円分)が毎月届くサービス。月額は送料込、税込で3,980円!

半世紀のコーヒー文化と歩む京都生まれ京都育ちのロースターが世界各国からセレクト。

選べるコーヒー豆は、全27種類から毎月4品選べます。1袋30~50gの飲み切れる量でお届け。

焙煎したてを少量真空パックしてお届けすることで、おいしいコーヒーが手軽に飲めます。

フーダブル コーヒー豆

選べるコーヒー豆の一例
・ジャマイカ ブルーマウンテンNO.1
・コスタリカ ロマス・アル・リオ
・カフェインレス エチオピア

≫選べるコーヒー豆を見てみる
ちなみに満期を迎えたあとは・・・

ちなみに満期を迎えたあとは・・・
自動更新(更新初月は3,580円)
解約  (コーヒーメーカーの返却)
買取  (手数料3,300円)
いずれかを選べます。

自動更新は割引あり!

フーダブル 満期後の割引

③買取の場合、フードのみプラン月額2,480円への移行もできます。

万が一の場合も安心保障

・通常使用による故障は保証あり
・月額200円で安心サポートに加入できる(物損の保証、修理代金の7割をサポート)

\ 月額980円は今だけ!月100名限定 /

フーダブルの実際の口コミ

毎月楽しみにしています

毎月、今度はどこのコーヒー豆にしようか、悩みながら選んでます。
妻と2人でコーヒーを楽しく味わっています。

フーダブル公式HPより
≫【foodable(フーダブル)】を見てみる

フーダブルのメリット

①お得に最新家電が使える

サブスクって割高なのでは?実際に計算してみると・・・

機器代:約2,300円(27,700円÷12)
珈琲豆代:約2,000円

合計約4,300円!(サブスク代:月3,980円)

計算してもサブスクの方がお得なことが判明!

②普段のくらしに特別感が出る

自分でコーヒー豆を探して、しかも少量で購入するのって結構手間がかかります。

新品のコーヒーメーカーと焙煎仕立ての厳選されたコーヒー豆で、引き立てコーヒーがいつでも飲めるなんてわくわくしちゃいますよね!

色々おためしできるのも嬉しいポイント!

③他の家電が欲しくなった時に乗り換えしやすい

家電は毎年新しいものがあるので目移りしやすいですよね。そんな方にもぴったり!

もちろん気に入ったら購入するか、コースを続けても良いと思います。

≫【foodable(フーダブル)】を見てみる

フーダブルのデメリット

途中で解約する場合は手数料が発生

1年縛りの契約で、中途解約手数料7,960円(税込)が発生します。

支払方法はクレジットカードのみ

カードの利用制限によって申し込みできないこともあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

≫【foodable(フーダブル)】を見てみる

まとめ

サービス内容沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57-K)とコーヒー豆
料金3,980円(税込・送料込)
最低利用期間1年間(12カ月)
満期後の買取価格3,300円(税込)
途中解約手数料7,960円(税込)
家電の本体価格27,770円(税込)

実際に計算してみても、サブスクの方がお得!家電を購入する新しい選択肢ですよね。

月間100組限定なので、気になる方はぜひお試しください!

フーダブル最新キャンペーン

さらに今なら!

フーダブル最新キャンペーン

\ 月額890円は今だけ!月100名限定 /

他のビストロシリーズ(ホームベーカリートースタースチームオーブンオートクッカー、炊飯器)のコースもあります

最後までご覧いただきありがとうございました☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代ワーママ|3児ママ(6・3・1歳)|FP2級|資産運用検定3級|投資2年で運用益150万|日本株・投信・クラファン推し|子育て・家事に役立つ情報・レビュー|【Amazonアソシエイト参加中】

コメント

コメントする

目次